2006'02.07 (Tue)

GVG反省(個人的)

 白さんが見やすい連合評価を出されていました。
白さんの表を見て,BVM連を私の評価に修正すると,
Bの評価になります。
 Bの位置にはSB連さんがいますが,はっきりいって
人数がBVMの方が勝ってるというだけで,本質的な強さ
という意味ではBすらも怪しいです。
 BVM連は,たしかに個々の質が高い人が多くいると
思います。一対一の戦闘でなら,相当な戦闘能力を発揮
すると思います。しかし,GVGは一人の戦いではあり
ません。ギルド,連合として行動し,そして戦うイベント
なのです。 
 今回B1の防衛側はER防衛をしていました。当然,
攻めをするのならER内を突破しなければなりません。
にも関わらず,本当に情けない話ですが,半分近くの
前衛が復帰途中で敵封鎖とずっと戦い続けるという本末
転倒もいいところでした。(クローキング等を使わなく
てもER前を目指そうと思えば抜けられた。)
 ER内にまとまって突入できたのは一体何回あったのか。

 以前,さつきさんもアドバイスをくれたことです。
GVGは個々の能力やスキルで戦うものにあらず。連合
として行動できる基盤の上に,個々の能力を生かすもの。
 さぁっ (・∀・) 課題はたくさんです。そして何より,
私はこの状態から這い上がる時こそ楽しいものはないと
思っています。
 大いに議論し,時には衝突し,そして深め合っていき
ましょう (・∀・)ノ♪
 閲覧してくださってる皆様にも,結果でその進化を
示せるぐらいに頑張りたいと思いますので,これからも
よろしくお願いいたします。
21:09  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |