2007'05.11 (Fri)

教育とゲーム①

 こんばんは 紫苑です (o・∀・)ノ


 今回の内容は何かの答えとかそういう話ではなく,
ただの駄文みたいなものです。
 もし興味がありましたらどうぞ~。

 

【More・・・】

 現在の教育界において,オンラインゲームの
一般的な認識は厳しい位置にあると思われる。
 資料に目を通してみても,チェーンメールや
オークション詐欺などの危険性と同じ位置で
その存在を注意勧告をされていることも多々。


 私はどのように判断しているのか。


 私自身,オンラインゲームを始めてから,
もう長い年月が経過している。
 正直,オンラインではこれまでとは別の
面白さや充実感を感じたりしてきた。
 オンラインだからこそ楽しめたことや,
キッカケもたくさんあったと思う。
 ROで私が知り合った人たちや,Gあるいは
連合,そのどれもが紙一重でまったく別の環境
であったことも考えると,やはりある意味現実での
出会いと似ている部分が多いと気づかされる。


 じゃあ,子ども達にこの存在をどう伝えるの?
どういう存在だとあなたの立場で伝えられるの?


 そう考えた時,私の中にはとても空虚で,
でもしっかりとした答えが存在している。
 答え,オンラインゲームはやるべきではない。
学生時代でしか,学校でしか,その時代でしか経験
できないものが現実生活では山のようにあるから。
 

 現実生活が必ずしも充実しているものとは
限らない,これは確かなことである。
 しかし,「現実」に生きているのは現実生活
である以上,やはりその現実と戦う覚悟は
持っていかねばならないと思う。
 考えようによっては,現実生活は毎日が
自分の育成シュミレーションゲームとも言える。
ただし,そこにはセーブも無ければリセットも無い。
 たくさんの解説書は世に溢れてはいるが,
意中のあの人を振り向かせる方法は載っていない
こともあるでしょうね☆




 ROはもうたまにINするだけとなりましたが,
授業に生かせる様々なネタを貰うことができました。
 中々体験してからその注意や指導をしていくことは
大変ですから,そういう意味ではROに感謝しています。
 ハッ Σ(□)
 ダラダラと意味不明な内容が続いてしまい
申し訳ありませんでした。
 読んでくださった皆様 ありがと~~~~う
ではおやすみなさい +,*.(o・ω・o).*,+
 




 





 
01:02  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |