2009'10.19 (Mon)

10月18日GVGレポート

 このところサダルは休止していた人が復帰
できるようになったり,新人さんが入団してきたりと,
ワイワイとした賑やかで良い雰囲気になってるなぁと
感じる日々であります。
 こんばんは 紫苑です ( ・∀・)ノ


 既にダルさんのレポに詳細が出ているように,
今回は久しぶりにFLH猫連さんと同盟なGVG。
 話自体は結構前から来ていたようで,
今回ようやく使用Gを含めた調整がつき,
久しぶりの合同となりました。


 前回のGV終了後,F4を攻めた涼風さんから
「後は・・・ 頼みました・・・ ( っ_ _)っ ガクリ」
とバトンタッチされていたので気合も満点。
 時系列だけ見ればたしかに開始から15分程で
ブレイクに至ってはいるものの,その15分間は
いつものGVGでいうと30分以上は戦っていた
ような密度で,15分間に双方の激しい攻防が
入り乱れていたと思います。
 夢暇連さんの守護石のラインは以前よりずっと
硬く,涼風さんの感想もうなづけました。
 守護石ラインをうまく崩せたのは,こちらの後衛陣が
ほぼ荒らされずLPとともにどんどん前へ進軍できた
のが大きかったんじゃないかと。


 バリケード戦で終始リードできたのは,
一手先に夢暇連さんの陣を取り囲むようにEMCの
位置を調整しての突撃が成功したのと,散々復習した
ガーターの件が生きていたのもあると思います。
 また,夢暇連さんの旗復帰・遊撃が終始単体
だった場面が多くあり,まとまってこられていたら
もっと苦戦していたはず。
 何かのきっかけ一つで押し返されていても
おかしくは無かったと思いますし,
やはり夢暇連さんの存在感は一回り大きいです。

  

 反省として悪かった点 (Sadalとして)

・良い場面と悪い場面の差が激しく,特に悪い場面では
 突入の流れの反省がまったく生かされていなかった。
 (途中 L3のDCHR連を攻めるもバラバラだった)


・優先するべきだったことを見失い,ラストの行動に
 キレを失っていた。
 間に合ったかどうかではなく,ここは気持ちの問題
 であり,FLH猫連さんに失礼すぎるので強く反省。
↑私は情けないことに,とんこつさんに指摘されるまで
 気づきもしなかった。
  根性叩きなおしてまいります(;´ロ`)


以下感想や思ったこと

 自分自身のAXとしての行動は以前よりは
幾分ましになれたかなぁ (´'ω')
 基本スタンスは後衛陣の護衛として供に
行動するようにし,敵の切り込み役を排除。
 かつて自分の役割を勘違いしていた頃に
比べれば少しはましになれたかな (´'ω');

 個人的には攻めよりも防衛の方が好きなので,
次に合同の機会があれば今度はまるまる防衛で
過ごしてみたいです。
 今回も防衛したい!と意見してはいたのですが,
こればかりは全体で決まることなので次の機会に。


 それでは皆様 GVGお疲れ様でした。

 
22:58  |  GV日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |